2017.9.7
季節の悩み

食事でできる夏バテ対策!取るべき栄養はこれ!

Eye catch
List dr atsuo yanagisawa
この記事を監修した先生
杏林大学医学部卒、同大学院修了。医学博士。杏林大学保健学部救急救命学科教授を経て、2008年より国際統合医療教育センター所長。2011年国際オーソモレキュラー医学会殿堂入りし、2012年同医学会会長。日本で初めてマイヤーズカクテル、グルタチオン点滴、高濃度ビタミンC点滴療法、サルベストロールサプリメントを導入。
目次

暑い夏が終わり、だんだんと涼しくなってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?つらい夏は終わったはずなのに、なんだかだるいな〜、頭が重いな〜、食欲が出ないな〜…といった夏バテの症状が続いている方も、多いのではないでしょうか?

実は「夏バテ」というのは、真夏よりも9月からが本番!真夏にたまった体へのダメージが、涼しくなってきたころに「夏バテ」の症状として出てしまうことが多いんです。この夏バテへの対策、何をしたらよいかご存知でしょうか。「涼しい部屋で、たくさん水分を取って安静にする」でしょうか?それだと、夏バテが悪化してしまう可能性もあるのです。実は夏バテになる原因には、ビタミン不足が大きく関わっていることが多いのです。

この記事では、高濃度ビタミンCによる栄養療法など、統合医療研究の第一人者である柳澤厚生先生に監修いただき、夏バテの原因と解消法について解説します。

「夏バテ」とは?「ただ水分を取る」だけではダメ!

「夏バテ」は、夏の暑さによって引き起こされる体調不良の総称です。人間の体には体温を一定に保とうとする機能がありますが、夏の猛烈な暑さと冷房などの温度差によって自律神経が疲れ、乱れることで夏バテを引き起こすと考えられています。具体的には、下記のような症状が出ます。

  • 疲れやすい
  • 風邪をひきやすい
  • 頭が重い
  • 食欲がない
  • ちょっとしたことでイライラする  など

暑い時期、どうしても手放せない・増えてしまうのが、「冷房や冷たい水分の取りすぎによる冷え」や「アルコール摂取」です。暑い日、ついつい飲みたくなるビールも、過剰な摂取は自律神経の乱れを助長すると考えられています。また、ただ体を冷やせばよい、というわけでもないのですね。

夏に不調になりやすい原因は「ビタミンB」不足!?

それでは、夏バテ対策には何が良いのでしょうか?柳澤先生によると、夏の不調には「ビタミン不足」、とくにビタミンB不足が大きく影響しているといいます。

神経の働きを正常に保つビタミンBは、食品添加物やアルコールなどを代謝するためにも使われます。そのため、添加物の多い食べ物やアルコール類の摂取が増えがちな夏には、消費量が急増し、ビタミン不足を引き起こしてしまうようです。

さらに、食欲がわかなくなることで、パンやごはん、パスタといった炭水化物ばかりの食事も増えてしまいます。そういった食事にはビタミン等の栄養素が少ない一方で、糖質の代謝に大量のビタミンB群が消費されてしまいますので、さらなるビタミンB不足という悪循環に陥ってしまうのです。

柳澤先生によると、夏の心身の不調や疲労感を訴えるかたの多くは、このビタミンB群を中心とするビタミン・ミネラルの不足が見られるとのことです。夏バテ症状が長引く場合は、ビタミン不足を疑ってみるとよいかもしれません。

夏バテ対策はこれでOK!ビタミンBはどう摂取する?

夏バテ改善に向けて、ビタミンBを取る!といっても、何から気をつけたら良いのでしょうか?柳澤先生に、ビタミン不足解消方法について、伺ってみました。

【方法1】食事の見直しで、食べ物から摂取する!

やはり、まずは「食事の見直し」です。暑いからといってそうめんやサラダだけ、といった生活をしていると、ビタミンBが不足してしまうので注意が必要です。

ビタミンB群には、ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチンの8種類があります。それぞれが色々な食材に含まれているのですが、特に肉や魚に多く、多種類のビタミンBを含むものも多く存在します。特にウナギや豚肉、レバーなどは多く含んでいます。しっかりと肉や魚も食べるように心がけましょう!

【方法2】サプリメントで補助する!

8種類のビタミンB群は、それぞれが代謝を助けたり、皮膚や粘膜を強くしたり、疲労回復を助けたりする効果を持っており、夏バテ防止・改善にはビタミンB群を総合的に摂ることが重要です。

しかし、全種類を毎日しっかりと食事で摂取するのは、なかなか至難の業。

また、食生活を見直しても夏バテの改善が見られないときや、忙しくてあまり食事を気に掛けられないときは、「サプリメント」を取り入れてみることをお勧めします。

その摂取量は、「多め」がおすすめのようです。ビタミンB群は体内で使われなかった分は、すぐに排泄されます。薬のような副作用もないので、安心して摂取できるとのことです。柳澤先生も、飲み会の日などビタミン不足が懸念される際には、多めにサプリメントを摂取されるようです。

【方法3】点滴で補助する!

もう1つの方法が「点滴」で補助するやり方です。点滴の場合、直接血液内に栄養を入れるため、サプリメントよりも、確実に身体機能等の改善が期待できるようです。

海外では、ランチタイムに点滴するなどの栄養療法を受ける場合もあるようです。暑さによる疲労感が解消しない場合は、気軽に医療機関に相談してみるのも、1つの方法かもしれませんね。

まとめ 〜ビタミンBは、暑い夏を乗り越える味方〜

いかがでしたか?ビタミンは「体の潤滑油」ともいえます。現代の日本人は、消費量が増えているにもかかわらず、ビタミン摂取量が圧倒的に不足しているため、潤滑油不足による体の不調が出てきてしまうようです。

夏の不調に悩んでいるかたは、ぜひご自身にあった方法で「ビタミンB」をうまく取り入れて、元気に夏を乗り越えていきましょう!

※ 補足:「夏バテ」とは、正確には夏が終わってからバテることを言います。夏の真っ最中にバテることは「夏負け」というのが正しいです。この記事では、一般的な表現として夏バテと記載しています。

オーソモレキュラー医学をご存知ですか?
あのぐるナイにも登場!「オーソモレキュラー」ってなに?
「栄養療法」という言葉から、みなさんは何を想像しますか?このサイト「オーソモ!」では、栄養療法の観点からさまざまな症状への対処法をご紹介しています。特に、治療レベルの栄養療法である「オーソモレキュラー