2017.9.7
アレルギー

隠れアレルギーって?体調不良の原因はフードアレルギーだった!?

Eye catch
List dr uwabu
この記事を監修した先生
産業医科大学卒。ニューヨークのサレーノ・センターで最先端治療プログラムを習得し、日本に導入。2010年に銀座上符メディカルクリニックを開設。キレーション療法を始めとする各種点滴療法、ナチュラルホルモン療法が専門。米国抗加齢医学会(A4M)専門医、日本抗加齢医学会 専門医、点滴療法研究会事務局長。
目次

治らない体調不良…毎日の食事に原因が!?

頭痛が治らない、疲労がとれない、肌荒れが治らない、便秘が続く…でもその原因がわからない。みなさんにも、そんな体調不良に悩まされた経験があるのではないでしょうか。もしかしたら、それは普段食べている食品に原因があるのかもしれません。

パンや牛乳、卵、ケーキなど、なんとなく毎日食べているあの食材が、気付かない間にアレルギーを引き起こし、様々な体調不良の原因になってしまうのです。日本ではまだまだ知られていない「隠れアレルギー(遅延型フードアレルギー)」がもたらす症状と、その対策について、上符先生のご監修をいただきご紹介します。

「フードアレルギー」とは?実は大きく2タイプあります

食品アレルギーとも言われますが、フードアレルギーには「即時型」と「遅延型」があります。

一般的に知られている「即時型」フードアレルギー

おそらくみなさんが知っているフードアレルギーは、卵・乳製品・小麦などを食べた後1時間以内に湿疹や下痢・嘔吐、呼吸困難等が発症するもので、「即時型」フードアレルギーと呼ばれています。即時型アレルギーは、食後すぐに発症するので、誰でも簡単に疑うことができます。

存在に気づきにくい「遅延型」フードアレルギー

一方、「遅延型」フードアレルギーは、食後6~12時間経過してから多様な症状があらわれるという特徴があります。食後すぐに症状がでないため、アレルギー反応として認識されにくく、隠れアレルギーと言われています。

例えば、朝食にパンとヨーグルトを食べ、その日の夕方ごろに頭痛が出たとします。おそらく、あなたは「昨夜は寝不足だったから」とか「最近仕事が忙しくて疲れているんだな」としか思わないのではないでしょうか。

しかし、あなたが小麦と乳製品に対して遅延型フードアレルギーを持っているとしたら、夕方の頭痛の原因は朝食にあったのです。時間が経過してから発症しているので、気付くのが難しいのが遅延型フードアレルギーの特徴で、怖い点でもあります。

フードアレルギーが起きるメカニズムとは?

2つのフードアレルギーは、どうして起こるのでしょうか?いずれも体の中に存在する抗体が、体に入ってきたアレルギー反応を起こす物質=アレルゲンに反応した結果、生み出したものが炎症や症状を起こしてしまうようです。そのメカニズムを、少し専門的に見ていきましょう。

 即時性フードアレルギーが起こるメカニズムとは

即時型フードアレルギーには、免疫に関係したタンパク質「免疫グロブリン」の1つ「IgE」(免疫グロブリンE)が関わっています。この抗体は、健康な成人には極めて微量しか検出されません。

IgEはアレルゲンが体内に入ってくると排除しようとして出てくる抗体です。アレルゲンを排除するときに肥満細胞と結合し、ヒスタミンを分泌します。このヒスタミンが、湿疹・下痢、嘔吐、せきや鼻水、ときには呼吸困難を引き起こすのです。これが、即時性フードアレルギーのメカニズムです。

 遅延型フードアレルギーが起こるメカニズムとは

同じように、遅延型フードアレルギーにも、免疫グロブリンの1つ「IgG」(免疫グロブリンG)が関わっています。ただし「IgE」と違って、この抗体は、健康な成人の血液中で最も多くみられる抗体です。

「IgG」は本来、細菌やウイルスの侵入から体を守る働きをしています。しかし、アレルゲンとなってしまう食品が体内に入ってくると、そのアレルゲンと免疫複合体をつくり、小腸の粘膜に炎症を起こします。本来このアレルゲンは栄養素であるため、小腸で吸収されて、細胞の一部やエネルギーに変わらなければなりません。しかし腸管粘膜で炎症を起こして、さまざまな症状となって現れるのです。これが、遅延性フードアレルギーが起きるメカニズムなのです。

何が起こるかわからない!?遅延型フードアレルギーの症状

遅延型フードアレルギーでは一体どんな症状が出るのでしょうか?実は、一概には言えず、人によって症状が違うのがこのアレルギーの特徴なのです。

例えば、乳製品でアレルギーが出る人の場合、Aさんはニキビ・発疹など皮膚症状があるのに対し、Bさんは頭痛や不眠、疲労感といった神経・精神症状をきたすといった具合です。

遅延型フードアレルギーの症状例

  • 皮膚タイプ:ニキビ・発疹・かゆみ・鼻水・鼻閉
  • 消化管タイプ:下痢・腹部膨満・腸炎・便秘・体重増加・低血糖
  • メンタルタイプ:頭痛、偏頭痛・過敏症・不眠・不安症・うつ症状・慢性疲労感・喘息・慢性感染症
  • 免疫タイプ:関節痛・リウマチ・自己免疫疾患

フードアレルギーを発症しないために〜気をつけたいトリガーフード〜

症状の例を見てみると、いずれもツライ症状ですね。できれば遅延型フードアレルギーを引き起こしたくないものです。何に気をつけたらよいか、上符先生にお伺いしてみました。

©銀座上符メディカルクリニック

遅延型フードアレルギーを起こすきっかけになる食品は、「トリガーフード」と呼ばれています。日本人に特に多いトリガーフードは、乳製品・卵・小麦粉・砂糖で「4大トリガーフード」と呼ばれています。いずれもさまざまな料理や加工食品に使われ、毎日のように摂る食材なので、アレルギーのトリガーになりやすいようです。

また、好物だからと頻繁に食べている食品が、過剰摂取によってアレルギーを引き起こしてしまい、トリガーフードになるケースも少なくありません。トリガーフードと知らずに頻繁に摂取していると、遅延型フードアレルギーの反応が出やすくなってしまうので、注意が必要です。

今からできる!遅延型フードアレルギーの対策・改善法

ここまでのお話で、遅延型フードアレルギーかもしれない…と思ったかたもいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、アレルギーの有無の調べ方から、その改善方法までご紹介します。

まずは隠れアレルギーがあるかを知ろう!

方法1:遅延型フードアレルギー検査

自分に隠れアレルギーがあるかも…と思うかたは、ぜひ遅延型フードアレルギー検査を受けてみましょう。最近では実施しているクリニックも増えてきました。専門機関で検査することで隠れアレルギーが見つかるかもしれません。

検査では、血液を2ccほど採取し、アメリカの検査機関に送ります。(残念ながら日本に検査機関はありません。)検査結果に3~4週間かかり、費用は3~5万円かかります。正確な診断をしたいかたは、ぜひ一度クリニックに相談に行ってみましょう。

方法2:「除去食」を続けて自己診断する。

検査費用や時間がきになるかたは、まずは自己診断してみるのもいいですね。やり方としては、1週間に3回もしくは3色以上食べる食品をリストアップし、1品目ずつ順に2週間除去した食事を続けます。その結果、何かしら体調の改善が見られたら、その品目がトリガーフードになっている可能性があります。

もしリストアップした品目が多い場合は、4大トリガーフードとされる卵、小麦粉、乳製品、砂糖を優先するのもよいでしょう。

週に3回以上同じものを食べない!

次にアレルギーを起こさないために、食べ方に注意をしてみましょう。週に3回以上、同じ食材を使った食品を食べないことがポイントです。また、アレルギーを起こしやすい食品は消化が悪く、最長で3日間かけて腸内細菌によって分解されます。そのため、同じ食品を次に食べるのは4日目以降にするという「4デイズ・ローテーション」を心がけましょう。

バランスの良い食品を選ぼう!

遅延型フードアレルギー検査でひっかからない人に共通するのは、バランスの良い食生活をしているという事です。自炊を心掛け、なるべく多くの品目を摂るようにするなど、栄養が偏らないようにバランスを考えることで、遅延型フードアレルギーを発症せずにすむのです。

よく噛んで食べるように心がけよう

遅延型フードアレルギーは、食品に含まれるタンパク質がアミノ酸レベルまで分解しきれず、腸壁から吸収できないことも原因になります。よく噛んで食べ物が細かく砕かれると、唾液の消化酵素アミラーゼによる分解効率がアップするので、アレルギーを起こしにくくなります。

また、通常は食事を始めて30分たたないと満腹感を得られないとされていますが、よく噛むことでその時間が短縮され食べすぎを防ぐことにもつながります。よく噛む、はすぐにでも実践できる簡単な方法ですね。ぜひ毎日の食事に取り入れてみましょう。

サプリメント・生きた酵素で腸内環境を整えよう!

食べ物を分解しきれない理由の一つとして、腸内細菌の働きが悪いことが挙げられます。腸内細菌を活性化するために手っ取り早いのが、サプリメントの一種のプロバイオティクス(※2)を摂取することです。プロバイオティクスには「ブルガリア菌」「LG21乳酸菌」などさまざまな種類がありますが、できれば濃度(菌数)が高いものを選んでみてください。

また、耳にすることが多い「酵素」も効果が期待できます。ただし、生きた酵素でないと期待できません。酵素サプリメントでは生きた酵素を摂取することはできないので、パイナップル・キウイ・イチジク・パパイヤなどタンパク質分解酵素が含まれたフルーツを食後に摂るようにしましょう。もちろん、食べすぎには注意が必要です。

※2 プロバイオティクス:腸内細菌に良い影響を与える微生物の総称

まとめ 〜食事を上手に管理してアレルギー発症を防ごう!〜

いかがでしたか?日頃の体調不良が、隠れアレルギーによって発症している可能性があったなんて驚きですよね!もしかして私も…と思ったかた、今日の食事から注意できることがたくさんあります。何となく不調…というかたもあきらめずに、検査やセルフチェックを試してみましょう。迷った時は、ぜひお近くのクリニックで、医師に相談してみてくださいね。

参考文献

「隠れフードアレルギー」 銀座上符メディカルクリニック院長 上符正志著

オーソモレキュラー医学をご存知ですか?
あのぐるナイにも登場!「オーソモレキュラー」ってなに?
「栄養療法」という言葉から、みなさんは何を想像しますか?このサイト「オーソモ!」では、栄養療法の観点からさまざまな症状への対処法をご紹介しています。特に、治療レベルの栄養療法である「オーソモレキュラー
こちらの記事もおすすめです